2017-10-17

ガルパン 劇場版の3突F型

という訳で劇場版の3突のキットであります。
002_20171017151842819.jpg

なぜに、このキットを購入したかと言うと、コレ(↓)
001_201710171518412b4.jpg
組み立て見本用に付属のマジックトラックが欲しかったからであります。

まぁ、見慣れたドラゴン製品でも、成型色が変るとタミヤ社製みたいだな~と、、、^^
003_20171017151840004.jpg
004_201710171518409ab.jpg

この加工にテコズル、ステン製のエッチングは、ガルパンから戦車模型に入ってきた人にはハードル高いと思う。
005_201710171518391cb.jpg
(ボクもステンのエッチングは嫌ww)

テレビ版のカラフルなマーキングも含まれているようなので、もう一つ3突を買えば、もう一台作れるのかも?
006_201710171518388d3.jpg
007_20171017151952cab.jpg

アマゾンさんのカスタマーレビューで、このキットのここが結構、低評価されていました。(あとアンテナが足りないこと)
008_20171017151951723.jpg
アンテナが足りないのは、フォローしようがないですけど、今の若い人には、こういう「加工事」が凄く嫌なのかも?

模型って、プロセスを楽しむ一面もあると思うので、こういう加工事はむしろ、楽しいと思うんですけど?
どうなんでしょう ^^?

随分前に発売され(そして一瞬で絶版になった、)ズ〇ズダさんの3号F型には、このパーツが入っていたww
009_20171017151950b2b.jpg

ガルパン車両、独自の意匠。
010_20171017151949b21.jpg
011_20171017151949bc4.jpg
大戦中の戦車、兵器には意匠権はありません。
上の誘導輪や大きなノーテックランプをパーツとして販売すれば、ガルパンの意匠権を侵害したことになりますが、
それ以外の、、例えば「履帯」等を、単体で販売しても、何の罪にも問われませんし、何人もそれに意見を述べる資格もありません。

モールドが甘い転輪。E型にはむしろ、この方が良いかな? (あ、厚みが会わないか?w)
012_20171017151948cea.jpg

オマケww
013_20171017152010fc3.jpg

2017-10-16

1/20 スコープドック リーマン少佐機

プレミアムバンダイで売られている、リーマン少佐のスコープドック。
001_20171016124517a75.jpg

何人かのブロガーさんは、「プレミアムバンダイ、中はオレが確かめてやる。」等の文言を伴い、アップしてるでしょうね~ (←私も、そうしようかな~?と最初思った、、、^^;)
002_20171016124519b8e.jpg

普段は一色成型のスケールモデルばかり作っているので、カラフルだな~♪と。
003_20171016124520e56.jpg

ザ☆レッドショルダー
004_2017101612452224f.jpg

パッケージをカラー化すると、こういう色らしい(笑)
006_201710161245251b7.jpg

とりあえず、MMの88みたいにキリコくんから作ります^^

2017-10-06

ソリッドシューター

プレミアムバンダイで販売されているソリッドシューター
006_20171004223047c60.jpg
パッケージが1Cですけど、経費削減というより、プレミアム製品色の演出かも?

まぁ、実際1Cの方が安いですけど。
バンダイさんにとっては、どうって事無いんじゃないでしょうか?

箱開けた印象は、「でかっ!」です。(ちょっと手振れですけど)
008_20171004223046c5a.jpg

そして、組み立ても簡単そう (笑)
009_201710042230454a4.jpg
昭和のロボットアニメは「線」が少なかった (爆)
そして、分かりやすいデザインだった。
と言うか、当時の「子供」にも、「これはこういう機能」「これはこういう目的」と分かるようにデザインして下さったんでしょうね。
011_20171004223045754.jpg

「魔が刺した」ので2個買いです (笑)
012_20171004223044cdb.jpg

2014-06-05

セーラーウラヌス

某、通販系の中古ショップさんで購入したセーラーウラヌスさんであります。
 
え~、第一次エウ゛ァンゲリオンブームの時、ブームに乗せられ、イロイロな新書サイズの解説書やらを読みふけったり、2万円(確か、、、)もした、綾波のレイちゃんのフィギュアを買った事はありますが、セーラームーンはフィギュアを買った事はおろか、番組すら見たことがありません。
 
本当です。
 
マジです。
 
神かけて、誓います。
 
「んじゃ、なんで、このフィギュアを買ったの?」
と、問われれば、う~ん、、、、なんとなく、どーゆー商品なのかなぁ~?と、製品内容等を見たくなったからであります。
加えて、売価が数千円ホドと、過去に綾波のレイちゃんのフィギュアに2万円出した事がある者としては、結構リーズナブルな値段に思えたので、まぁ、軽い気持ちで注文したのであります。
え~、ちなみに私が購入した「そっち系」のフィギュアは、件(くだん)の綾波のレイちゃんとスケール違いのレイちゃん、ミスティ・メイだったか?、レイというバニーさんのフィギュアだけで、あります。
(まぁ、3体も買ってるんだから、「だけ」と言うのは御幣があるかも?)
 
 
で、届いたのが(↑)のフィギュア。
写真では今一分かり辛いでしょうが、殆ど美品であります。
凹み等皆無。
もしかして、閉店した店舗さん等の在庫品だったのかも?
 
で、中身はこんな感じ。
スケールモデルが劇的に進化した様に、フィギュアモデルも劇的に進化を遂げた、ここ四半世紀。
昔は、このある種牧歌的な表現でも、「商品、製品」としてオッケーが出て、流通していたんだな~、、、、。と、時代の変遷を感じずには居られない商品でありました。

 
ちなみに、パッケージには「9800円」の定価表示が。
う~ん、、、、やっぱ、アニメフィギュアのキットは今も昔も、結構なお値段であります。

Copyright (C) 些細な日常. All rights reserved. Template by Underground
まとめ