2018-01-04

「営業前」←罰当たりな表現

1/3夜明け前に初詣。
普段は1/1の夜明け前に行き、12/31~1/1の2年参りする人用に営業してるので、("営業"はおかしいか?)
「え~?閉まってることもあるんだね~?」と。
016_20180104062415840.jpg
017_20180104062414a72.jpg
018.jpg
019_2018010406241324f.jpg
2017年末~2018年はイライラの真っ最中で、何もする気がなかったので、1/3の夜明け前なんて、それまで行った事のない時間に行ったのだが、結果オーライで新鮮なものを見れた。

2017-09-27

朝日

9/19の夜明け。
帰りの夜行バスから。
001_20170927234110cb0.jpg
003_20170927234112b51.jpg
002_20170927234112544.jpg
004_201709272341140e5.jpg
005_20170927234115cf9.jpg
006_20170927234117b0b.jpg

まぁ~
それにしても見事に「ザ☆たんぼ」 (爆)
007_20170927234118213.jpg

もう、この付近はJR奈良近くで、時間は午前6時半ごろだったと思うけど、車がまばらxまばら。
008_20170927234120902.jpg
009_20170927234121584.jpg

何にも無い、それがボコ、、いや、奈良ww

2017-03-31

天邪鬼なホームレス

ボークス様のイベントの帰り、西大寺にて。
029_2017033108252919f.jpg

時々ふと思うんですよね~
自然と、自分が選ぶ事って、ホームレスちっくだなぁ~、、、と。

意識して、こーしてるんじゃありません。
取りあえず、これで用が足りるから、ま~良いか?と。

で、ちょっと人波の中で、我を振り返ると、「ああ、、こんな格好してるのは俺だけだな~、、、」と。

無意識下で、天邪鬼なホームレスがそーさせているんでしょうね♪

2016-12-24

クリスマス

近鉄奈良線、学園前駅
002_201612242200176ce.jpg

2年前、何気にここに来たらクリスマスムード色に(笑)
003_2016122422001622d.jpg

んで今年。
ふと、「今年もクリスマスムード色なのかな~?」と疑問が沸いたので、ちょっと足を伸ばす。
004_20161224220015eda.jpg

うん。
クリスマス色でした。
005_20161224220014420.jpg

駅と繋がってる建物も何気にクリスマスっぽいな~^^
006_20161224220013f26.jpg
008_20161224220012359.jpg
009_20161224220044c13.jpg
010_20161224220044cb4.jpg
011_201612242200431c0.jpg
012_20161224220042235.jpg

2年前のこの時期、たまたま立ち寄ったときに比べて、ここの人影は減ったように思う。
いや、確実に減ってるな。
駅の近くに、まぁ、デパートめいた場所があるのでそちらへ。
地下の食品売り場もさほど活気めいたものは無いし、2年前に見たゴージャス(笑)なディナーセットと言うか、パーティーセットみたいな惣菜セットも無かった。
クリスマスが昔ほど意味を持たなくなってしまったせいもあるのだろうけど、やっぱり不景気なんだよね。
同じところに居て、同じ人達と同じ情報に接し、同じように興じ合うから唯その現実を感覚できないだけ。
独りになり、なんとなくようやく感覚できる不景気の中、来年のこの時期にボクは何をしてるんだろう?
多くがそうであるように、なんとなくようやく感覚できた不景気の中、ただ「一年早かったな~」と、取りとめもなく思ってるんだろうな。

2015-03-14

アスベストかも?

3/13税務署へ。
帰り、猿沢の池方面からJR奈良駅に向かって徒歩で移動。
「この辺も変わったな~」
「ここって以前は銀行じゃなかったかな~」と、軽い気持ちで解体中の建物をパチリ。
026_2015031414594275b.jpg

2~3枚撮影をしたところ、女性作業員が私に近づいて来て、どこの誰ですか?や、何をしてるんですか?と私の事を質問してくる。
こんな事は始めてで、怪訝に思いにつつも問われるままに応えていると、奥にいた責任者らしき人物が、「お寺の人?」「役所の人?」と声を荒げて質問。
「役所の人?」
「何を一方的に怒ってるのだろう?」と疑問に感じつつ、彼の方を向くと、「写されるのは気分悪いで!」と怒鳴り、何かを地面に投げつけた。

(書くまでも無く、私が写していたのは解体中の建物で、作業中の彼らには一切レンズを向けていない。
また、私が使っていたカメラは小型のデジカメで、レンズが交換できるような本格的なタイプではないので、彼らにプレッシャーを与えるには至らないと思うのだが?)


不可解な彼の様子にますます疑問は膨らむばかりだが、「この建物は以前は銀行じゃありませんでしたか?町並みの変化を撮影してブログに載せるだけです」と返答。
すると彼は、「もうええ!止めるわ!!」と叫び、全く会話にならず。
そばにいた、最初に私に話しかけてきた女性作業員が困った様子で「ああ言ってますので、このくらいにしてもらえませんか」と言うので私はその場を去る。

その場所を離れてから、撮影した画像を確認。
もしかして、鉄骨一面に付着している青白い物はアスベストではないのか?

028_20150314150019011.jpg 022_201503141459440e3.jpg
023_20150314145944d4f.jpg 024_20150314145943e87.jpg

また、3/13は風が吹いていたが、散水をしている様子は無く、建物をシートで囲って等の土ぼこり飛散対策もされていなかった。
025_20150314145943172.jpg 027_20150314145941442.jpg
私は素人で、実際のところはどうなのかは分らないが、彼が立腹したのは、彼にとっては何らかの不利な
証拠を撮影したからではないのだろうか?

、、、、見れば見るほど、吹きつけアスベストっぽいぞ。
場所は三条通り、浄教寺の隣り。

Copyright (C) 些細な日常. All rights reserved. Template by Underground
まとめ